家賃保証会社と連帯保証人、両方が必要な理由は?

借家の契約をする場に必要になるのが連帯保証人です。ところが最近は家賃保証会社の存在が注目を浴びています。家賃を保証するのに連帯保証人と家賃保証会社の両方が必要なのでしょうか?それとも何か他の意図があるのでしょうか?その辺りについて注目してみましょう。
最近の借家の賃貸契約では家賃保証会社を入れるケースが増えています。また物件によっては連帯保証人と家賃保証会社の両方が必須になるという少々面倒なケースも増えています。同じような役割の連帯保証人と家賃保証会社の二つが入れば、何か家賃の二重のプロテクトのように思われます。そうするには何か別の意図があるのでしょうか。
家賃保証会社が入った場合、家賃のお金の流れは契約者→家賃保証会社→家主というように口座間で家賃が支払われます。家賃保証会社は契約者から家賃が引き落とせなくても、自動的に家賃を家主の口座に送金することになります。昔は家賃の滞納があった場合、連帯保証人に督促し家賃を回収していましたが、即座に回収できなかったりするケースもありました。ところが家賃保証会社が入ると、家主側にとっては家賃滞納の心配はなくなります。
連帯保証人は家賃の保証以外に、生活面で家主側と契約者本人の間に入ることがあります。例えば他の居住者と契約者に何かのトラブルが生じた場合、契約者だけでは問題が解決しない場合、連帯保証人を経由して問題解決を進めることができます。家賃保証会社と連帯保証人の両方が入るのは、このように金銭面と生活面とのトラブルを区別して解決できるというメリットがあるからです。
たとえば家賃保証のフォーシーズでは、連帯保証人を付ける場合に保証料を割り引くなど優遇しています。

Leave a Reply