省エネ推奨の今、小型風力発電を導入しませんか

2011年の震災以来、日本は省エネ・節電推奨となっていますよね。
夏も冬も冷暖房をできるだけ使わない・服装も変えるなど、様々な方法が提案されて実施しています。

また太陽光発電システムの導入を検討する一般家庭も増えてきました。
それまでは企業のビルや店舗の屋上や屋根にあるのが当たり前だったものが、一般家庭の屋根にも設置することが当たり前になってきました。
太陽光発電システムは、太陽の光を利用して発電できるので省エネにつながると人気があり、現在もそのブームは続いています。

そして今、また新しい発電の方法として注目されているのが風力発電です。
火力発電と違いコストもあまりかからず、昔からある風力発電はまた今注目されてきています。

しかし、風力発電の機械はとても大きく広大な土地や費用が必要とされていたため、あまり注目されていませんでした。

そこでおすすめしたいのが「小型風力発電」です。
大きさが16メートル程度なので、少し広めの空き地があれば設置できます。
太陽光発電と同じ売電ができますので、電気代の削減にもつながります。

小型風力発電に関してはこちら→
スマートテックでは、小型風力発電小設置が可能です。
空き地があるけれど設置できるか?
どの程度の費用がかかるのか?
疑問があれば相談してみるといいでしょう。
小型風力発電のメリットなども紹介しているので、参考にしてください。

太陽光発電の電気買取制度について

太陽光発電が普及した理由は自然災害による電力供給の停止という非常事態に対処するためだけではありません。地球環境に優しいクリーンエネルギーだからという理由だけでもありません。一番は太陽光発電で作られた電力の買取制度があるからです。再生可能エネルギーは太陽光発電に限らず風力発電で作られた電機なども買取の対象となり多くの家庭で電気の買取を行ってもらっていると思います。

太陽光発電は家庭用のものばかりではありません。産業用の太陽光発電も普及してきて、大型の太陽光発電を持っている企業もたくさんあります。産業用の太陽光発電は全量買取をしてもらうことができるため発電された電気はそのまま利益となります。買取してもらえる電気代に対して使う電気代金のほうが安いため個人でも空いている土地を利用して産業用太陽光発電システムと導入して電気の買取をしてもらっているという人も中にはいます。

電気の買取制度ですが、電力会社によっては買取に制限を付けていることもあります。買取拒否を行った電力会社も出てきたことで再生可能エネルギーの買取制度も綻びが出始めています。再生エネルギーの買取を期待して太陽光発電の導入を考えるのは終わりの時期に来ているかもしれません。